社会人腐女子の読書の行方
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わが愛しのホームズ (BLパスティーシュ)



由緒正しき(?)ホームズBL版パスティーシュ♪
1958年ロンドン生まれの作家さんですよ♪

どんな小説なのか楽しみだわぁ~~~っということでぽちりました。

楽しみ楽しみ♪
スポンサーサイト
100冊記念で品薄?



榎田 尤利さん、とうとう100冊出版!!


…なのになんか交渉人シリーズ、オーダーしたら取り寄せで時間がかかる状態のところあるみたいですね?

まぁ、交渉人は黙らない (SHYノベルス)は2007年刊行だから、仕方がないといえば仕方がない…の?

だって記念本がこのシリーズなのに?



なので、店頭で見かけて気になったら、その場で手にとって見たほうがよいかと思います、交渉人シリーズ。
しゃばけ 面白おかしい


妖怪たちと楽しく(?)暮らす若旦那のシリーズ1。
緋色の研究


DVD紹介したのにこちらを紹介しないのはなんですので。

DVD3巻を見る前にシャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)を読むと、素で読むのとまったく違う楽しみ方ができるの請け合いです。


おとなの青春小説ってありだとおもう。

ケーキショップのバイトを振り出しに、百貨店外商部へ勤務することになった主人公。
離婚暦あり、仕事がらみで同居することになった人間は一癖あり、お客様も多種多様…

どろどろとした話にしようと思えばいくらでもなりそうな設定で、なのにわくわくしたりしんみりしたり、
いい塩梅で『仕事に疲れた』自分が『元気になる方法』を見つける気になれる楽しい本。
人によっては『ここを深堀して欲しい!』なポイントもあるかと思いますが、
たぶん、カテゴリは

【青春小説】(社会人経験とうに二桁だけど)

だとおもいます。

そして、


仕事に対するスタンス、お客様に対するスタンス


という視点は常にあるあたりが、社会人としてしっくりきたりします。







ネタバレしてもよい方は以下も読んでくださいませ。



同居相手は、お金持ちのお坊ちゃま。同僚女子の注目の的、ところがなんと、彼はゲイ。
離婚した旦那さんは同僚で、勤務地は違うものの噂は耳に入る人。
離婚の原因が妊娠中の相手の浮気…。
ひそかに憧れの人は同居相手が恋敵。
引き立ててくれる上司、煙たがる上司、やっかむ同僚、面倒な…個性豊かな客。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。